頻尿の原因・対策・薬の体験談「30代の女性と男性編」

頻尿って聞くと高齢の方によく起きる症状だと思いがちですが、30代でもかなりの方々が頻尿で悩まれています。

今回は、30代の女性と男性から聞いた、頻尿の原因は何だったのか?どの様な対策が良いのか?おすすめの薬は何か?ってことについて共有していきたいと思います。

頻尿の原因・対策・薬の体験談「30代の女性」

Nさん(32歳・女性)パート

頻尿と気づいた年齢:30歳
おすすめの薬・サプリ:特にありません。

尿意をもよおしてトイレに行く回数が増え、かと言って水分を控えすぎると尿意は起きませんが今度は便秘になってしまい、どうしていいものかと悩んでいました。

尿意が気になって仕事に集中できず、夜になればベッドに入った後でもすぐにトイレに行きたくなってしまい何度も起きてはトイレに行くのを繰り返し、というストレスが溜まりまくる生活を送っていました。
筋肉が緩んでいるのかなと思い立って初めてみた、数秒お尻にきゅっと力を入れて締めては緩ませるという筋肉を鍛える体操が私の場合はとてもよく効いてくれました。
まだ頻尿の気は少しありますが、今ではその体操にプラスしてできるだけ利尿作用のある飲み物を控える、体を冷やし過ぎないことで対処しています。

Bさん(34歳・女性)主婦

頻尿と気づいた年齢:27歳
おすすめの薬・サプリ:特にありません。

妊娠中、頻尿に悩まされていたのですが、出産後も変わらず頻尿になってしまいました。

トイレに行きたいなあと思い、用を済ませても、残尿感が残り、またすぐにトイレに行きたくなるの繰り返しです。

少しの量ではなく、同じだけの量が出るので本当に困っています。

おそらく、育児をしている中で、子ども優先でトイレに行くことを我慢していたことが続く頻尿の原因ではないかと思います。

こまめに用を足すようにして改善を試みています。

Rさん(35歳・女性)販売員

頻尿と気づいた年齢:27歳
おすすめの薬・サプリ:抗コリン薬

トイレが夜中に近くて一時間に一回くらい、酷いときは30分に一回くらいで夜もろくに眠れませんでした。
恥ずかしかったけど、我慢できずに泌尿器科に行きました。
まわりはお年寄りばかりでかなり浮いていました。
診察は尿検査とエコー、お腹の触診だけでした。
過活動膀胱と診断されました。
出産はしてないので、尿漏れも心配ないと言われました。
定期的に通ううちに、頻尿が少なくなってきました。
こんなに悩むならもっと早く病院に行けば良かったです。

Vさん(32歳・女性)主婦

頻尿と気づいた年齢:5歳
おすすめの薬・サプリ:薬は使用していません

小さい頃から親にも頻尿だと言われていましたし、自覚もありました。

小学生くらいから親や医者には我慢せずにとりあえず尿意を感じたら出る出ないに関わらず、すぐにトイレへ行きなさいと言われて頻繁に行っていましたが、友達や周りの大人の目が辛かった思い出があります。

20歳くらいになった頃、知り合った同じ悩みを持っていた友人に会いました。

その友人曰く、すぐにトイレに行くのではなく、逆に我慢して膀胱を鍛えることが大切だと最近通った医者に言われたそうです。

昔は我慢すると膀胱炎になると思われていたけれどそれは違って、現在では膀胱を鍛えることで尿を貯める力をつけると頻繁は改善されるという事でした。

それを信じ、実践して20代後半には頻尿ではなくなりました。

Mさん(32歳・女性)パート

頻尿と気づいた年齢:31歳
おすすめの薬・サプリ:ベシケア(処方箋必要)

出産後、少し頻尿気味になっていたのですが一年前くらいから異常なまでの頻尿に。
1時間に一回は当たりまえ。ひどい時は10分に一回の時もありました。
さすがにこれはおかしいと思い病院へ。診断結果は過活動膀胱でした。

膀胱が少量の尿でも外へ出してしまうように脳へ伝達してしまう病気だそうです。
CMで病名を見聞きしたことがあったので、なるほどこれか、と妙に納得しました。
治療法は処方された薬を飲み続け、症状がよくなってきたら薬をやめるということでした。
最初は二錠飲んでいた薬も今は一錠になり、頻尿もほとんど気にならなくなりました。
ただ、飲まなければまた戻るのではないか、という恐怖から薬をやめることはできないので、完治まで頑張っている最中です。

Mさん(35歳・女性)パート

頻尿と気づいた年齢:28歳
おすすめの薬・サプリ:特になし

私は20代に時に営業職をしていたため、車の運転や先方とのアポイントの関係でトイレをがまする癖がついてしまい、いつしか軽い膀胱炎になったことがきっかけで28歳くらいの時に生理前にトイレに行ったあともモヤモヤとした残尿感があり、頻尿を自覚しました。
しかし、生理が終わって何ヶ月かすると治ったのでそのままにしていましたが、6年前に出産すると緩みからか頻尿になってしまい、生理前には尿もれパットが欠かせません。

信じられない量が出たりするときもあり吸収率のかなり高いものを使っています。
夜中にトイレに行く事もありますが、たびたび眠れないほどでもないのでひとまず昼間の尿もれパットのみの対策です。

Sさん(35歳・女性)会社員

頻尿と気づいた年齢:29歳
おすすめの薬・サプリ:漢方薬。症状や体質によって合う薬は細かく別れるので、素人判断をせずに専門医の診察を受けてください。

20代中盤から鬱の症状に悩まされており、その頃から頻尿ぎみで、勤務中も一時間に一回はトイレに行くありさまでした。

同時に喉の乾きや、体のむくみにも悩まされていました。

(のちに医師に聞かされたところ、摂取した水分が体のなかでうまく循環していなかったようです)

自分の場合は、鬱の治療を向精神薬から漢方に切り替え、体の冷えやむくみを改善するに従い、尿の回数も自然とおさまってきました。

冷たい飲み物をやめ、温かい飲み物を常にとり、必ず毎日湯船に浸かるなど地道に体を温めたこともよかったように思います。

特に自分の場合は漢方が体質に合っており、漢方薬を出しなれている医師に会えたことが大きいです。

普通の内科でも漢方を処方してもらうことはできますが、漢方独特の「証」を見ることができるお医者さんは限られているので、漢方薬の処方の経験が豊かな医師を探すことをお勧めします。

近くにいるかわからない場合、漢方の取り扱いのある薬局で提携をしているお医者さんを紹介してもらえるかと思います。

Kさん(35歳・女性)主婦

頻尿と気づいた年齢:30歳
おすすめの薬・サプリ:ありません

「さっきトイレに行ったはずなのにもうトイレに行きたい」という感覚から始まりました。

最初はまだ自分が頻尿という考えはなく、ただトイレが近いだけだと思っていました。

違和感を強く感じるようになったのはトイレに行きたい感覚が30分に1回になったときでした。

何をしていてもトイレに行くことを考えるようになり、水を飲んだらすぐトイレに行きたくなるので映画などで時間が拘束されているときは極力水分をとらないようにしていました。

今度医者に行こうと思っています。

Sさん(31歳・女性)接客業

頻尿と気づいた年齢:20歳
おすすめの薬・サプリ:なし

19才の頃、膀胱炎になったことがきっかけで頻尿になりました。
尿の回数が多いのはもちろんですが、残尿感があるような感覚でした。
泌尿器科へ行くのは抵抗があったので、婦人科に行き尿検査をしたところ異常なしでした。
ですが、それから1年ほどこの症状は続いたのでもう一度婦人科へ行き尿検査をしました。
検査結果は異常なしでした。
そのとき先生に、トイレのことを頻繁に考えていないか聞かれました。
膀胱炎のことがきっかけで、トイレにはなるべく行くようにしているというと、それが原因だと言われました。
脳が尿が溜まっていないのにトイレに行けと膀胱にサインを出しているんだよと言われました。
それからトイレのことを気にせずに生活するようにしたら、いつの間にか頻尿は治っていました。
不安かもしれませんが、病院で診てもらうことが一番です。

Tさん(31歳・女性)主婦

頻尿と気づいた年齢:31歳
おすすめの薬・サプリ:「命の母ホワイト」で症状が和らいだと感じています。

恥ずかしながら、妊娠出産後、それまで我慢できていた尿意がだんだん我慢できなくなり、ナプキンを汚してしまった事があります。
当初はショックで、とても悩みました。私が対策として続けている事は、漢方薬を飲む事、大事のときは利尿作用の強いコーヒー、緑茶を避ける事、厚手のナプキンをしている事、そして、日頃から骨盤底筋体操・尿道引き締めトレーニングを続けることです。

特効薬をお伝えできず残念なのですが、コツコツ続けて、今では少し症状が改善していますので、ぜひお試しください。

Hさん(30歳・女性)フリーター

頻尿と気づいた年齢:22歳
おすすめの薬・サプリ:プロアクトのペポカボチャ種子エキス& クランベリー

出掛ける前にトイレに行ってきたばかりだというのに、車に乗り込んで15分くらいしたらもう、トイレに行きたくてしょうがなくなってしまう時があります。

急ぎの用事があるのに、どうしてもトイレに行きたくてたまらなくなり、買う物もないのにスーパーに立ち寄って、トイレを借りないと間に合わなくなってしまいそうで、本当に困っています。

また、電車に乗った時などにも、すぐにトイレに行きたくなってしまい、お腹を抱えたまま焦ってしまう時があり、悩んでいます。

Aさん(34歳・女性)事務

頻尿と気づいた年齢:24歳
おすすめの薬・サプリ:薬は効果がありませんでした

若い頃からコーヒーや紅茶などが好きで飲む量も人より多かったので、頻尿になっていました。

現在はカフェインが入っているお茶やコーヒーをほとんど飲まなくなったので比較的改善しています。

ですがやはりお茶類を飲むと頻尿になりがちで、仕事中に何度もトイレに行くことになるので控えています。
後は塩分のとりすぎなども原因になっていたようなので、減塩に気をつかっています。

漢方などは合わなかったので、食事で気をつけるようにしています。

Mさん(30歳・女性)専業主婦

頻尿と気づいた年齢:29歳
おすすめの薬・サプリ:特に飲んでいる薬はありません。

友人と旅行や遊びに行くと自分だけトイレの回数が多いなと思ったり、さっきトイレに行ったのに、友人と話していて笑った時などに少し漏れたりしてしまうので、小さめのナプキンがここ数年手放せませんし、つけていないと、とても不安になるようになりました。
友人にもトイレの回数多くない?と言われた時は頻尿の確信を得た瞬間で少しショックでした。

病院にも行き、漢方を処方してもらいましたが、改善がみられなかったので、今は自然に過ごしていますが、悩みの種ではあります。

Lさん(30歳・女性)事務職

頻尿と気づいた年齢:25歳
おすすめの薬・サプリ:特に使用していません

生理前はとくに、必ずと言っていいほどトイレが近くなります。

「したい」と思ったら我慢できずに漏らしてしまうことも、多々あり困っています。
車には着替えを用意しておくこともあります。
尿漏れシートは毎日使用し、生理前は「したい」と思ったらすぐに行くようにしています。
遠出する際は、あまり飲み物を飲まないようにしますが、高速道路を利用する際特に注意をし、したくなくてもサービスエリアごとにトイレへ行くようにしています。

婦人科で、頻尿の薬を処方して頂いたこともありますが、高いこともあり、長続きしませんでした。
今は、上記のように自分で先読みして、行動するようにしています。

Bさん(34歳・女性)主婦

頻尿と気づいた年齢:28歳
おすすめの薬・サプリ:特にありません。

三人目の子供を出産してから頻尿に悩むようになりました。

夜眠る前は特にひどくて、子供を寝かしつけて、やっと眠れると横になっても消えない残尿感に教われ寝不足が続き、1日中、眠気がとれず疲れが倍増するようになりました。

膀胱炎かもしれないと思い、出来るだけ水分をとるようにし、こまめにトイレに行くようにして改善を試みていますが、今現在まで定期的に頻尿に教われてしまう生活を送っています。

出産をきっかけに体が変化したのだと割りきるようにしていますが、悩みは尽きません。

Tさん(38歳・女性)主婦

頻尿と気づいた年齢:35歳
おすすめの薬・サプリ:とくにありません。

糖尿と医師に診断をされ、処方されてた薬の副作用で、頻尿になってしまいました。
夜、必ず2回、3回はトイレに直行します。
そのため、この3年ほどは一度も朝まで熟睡できた試しがありません。
医師に相談するも、それは仕方がないというだけで、薬を変えてくれるなどしてくれません。
私もこの生活に慣れてしまって、もう頻尿でもいいや、と諦めているので今後もこのような生活が続きますが、自分の身体がそれ以上悪くならなければ良いと思っております。

Tさん(33歳・女性)会社員

頻尿と気づいた年齢:31歳
おすすめの薬・サプリ:ハーブティー

元々頻尿気味だったのですが、妊娠中に症状がひどく、悩まされました。

お腹が大きくなるので膀胱が圧迫される上に、たとえ漢方でも赤ちゃんに影響が出るのが心配で薬が飲めなかったのでつらかったです。
同じような悩みを持つ友人に、「妊娠中は水分補給が大事だけど、お茶は利尿作用があるから控えた方がいいよ」と言ってノンカフェインのハーブティーを教えてもらいました。

温かいままゆっくり飲むのでトイレの頻度が減り、妊娠期後半は少し楽に過ごせました。

Yさん(37歳・女性)専業主婦

頻尿と気づいた年齢:36歳
おすすめの薬・サプリ:ハルンケア

もともとお酒を飲むのがすきで飲み会に行くと若いときからトイレが近くなっていたのですが36歳子育て中、出産を終えたあたりからお酒ものんでないのに急にトイレにいきたくなる、さっきいったのにまた行きたい気がする、夜中の残尿感からなかなか寝付けなくなりました。

お酒は飲みませんがコーヒーとたばこが好きで24時間気が向いたときにそれを繰り返していました。

コーヒーには利尿作用があるので夜中に飲むのを控え、それでも残尿感があるのでハルンケアをためしています。
原因はコーヒーだけではなく出産も考えられるとおもいます。

Yさん(39歳・女性)医療関係

頻尿と気づいた年齢:15歳
おすすめの薬・サプリ:頻尿で薬や漢方を飲んだことがありません。

中学生位から自分はトイレが近いのではと気付き始めました。

1時間の授業が終わるとすぐにトイレに行くほどでした。

水分を多く摂ってしまった時は、トイレに行った後5分もたたないうちにまたトイレに行きたくなるほどです。

アルコールなどを多く飲んでしまった夜中は必ずトイレに行きたくなり目が覚めてしまいます。

他にも、寒い日などでも目が覚めます。

妊娠中は頻尿が更にひどくなり、毎日夜中1、2回起きていました。

車で長距離を走る時はトイレの事ばかり気にしてしまい水分は全く摂りません。

頻尿のため現在も悩まされています。

Hさん(32歳・女性)事務職

頻尿と気づいた年齢:20歳
おすすめの薬・サプリ:チョレイトウという漢方薬

私は人よりトイレが近いかもと思い始めたのは成人後だったと思います。

出張先の北海道で富良野から旭川へ向かうまでのバスでトイレが我慢できず、運転手さんに頼んで止まる予定ではない場所、しかもトイレもないところで急きょ止まってもらったり、旅行が好きなので飛行機もよく乗るのですが窓側にされると、通路側のひとに嫌な顔をされるほどの回数で立ち上がらないといけないほどです。
また映画館で観る映画も大人になってからは、一回も席を立たず全体を通して観れたことはありません。
資格受験のときも試験時間が二時間ともなると最後のほうは尿意が気になって集中力がもたないことが毎回です。

Hさん(30歳・女性)専業主婦

頻尿と気づいた年齢:12歳
おすすめの薬・サプリ:特になし

家族とディズニーランドへ行きました。

3時間待ちのアトラクションにみんなで並んだのですが、途中で何度もトイレに行きたくなってしまいました。

トイレで並ぶので、早めに行かないといけないと思って、トイレから戻って10分もしないうちにまたトイレに行きたくなるので家族もあきれていました。

その日は特に寒かったのもありましたし、アトラクションに近づくと、トイレに行きづらくなりそうで、しょっちゅう走って行っていました。

Pさん(34歳・女性)主婦

頻尿と気づいた年齢:20歳
おすすめの薬・サプリ:ない

もともと頻尿気味でトイレに行ってすぐでも気になりだすとトイレに行きたくなるたちでした。

外出する前にきちんとトイレをすましていても、出発するとすぐ行きたくなるのは常です。

妊娠してから余計にひどくなり妊娠中はいいとしても出産が終わった後も頻度はあまり変わらないように思います。

すっかり癖がついてしまったのかと思います。

冬ならば水分を我慢することができますが、夏はそうも行かなく、飲む量も多いので本当によくトイレにいきます。

子供の頃膀胱炎になった覚えがあるのであまりトイレを我慢しないようにしています。

旅行中、特に海外ではトイレの場所を常に気にしていました。

もしサプリなどで、改善できるならば少し試してみたいとも思います。

Oさん(30歳・女性)営業支援

頻尿と気づいた年齢:31歳
おすすめの薬・サプリ:アロマテラピーがおすすめです。

31歳の時にトイレを我慢しすぎて、膀胱炎になったのがきっかけで、継続的にというわけではないのですが頻尿になることがよくあります。

トイレに行ったばかりなのに、行きたくなる、トイレに行っても残尿感がありすっきりしない、ひどいときはトイレまで我慢できず尿漏れしたことも多々ありました。

仕事や通勤がきつくなってきたので、改善策はないか模索しました。

病院にも行きましたが、医者との相性がわるかったようで、不愉快な思いをして帰りました。

なので、いろいろ自分で調べたところ、アロマテラピーに行きつきました。

自律神経の乱れも関係しているというような記載を見つけたので、自分をリラックスさせるような香り使いました。

その後、尿漏れや頻尿が改善してきたので、最近は頻尿になる頻度が少なくなりました。

Nさん(30歳・女性)専業主婦

頻尿と気づいた年齢:25歳
おすすめの薬・サプリ:抗生物質

小売店で販売の仕事をしていたとき、頻尿になりました。

立ち仕事で頻繁に接客をしなければならなかったので、数分立っているだけでもムズムズとするのに、接客中にトイレに行くわけにもいかず辛かったです。

常に気になってしまい、仕事でミスすることもありました。

特にしゃがんだり、走ったりすると刺激されてすぐにでもトイレに行きたくなりました。
数日は我慢してそのままにしていたのですが、同僚のススメで病院に行きました。

そしたら抗生物質を出され、たくさん水分をとって、たくさん排尿するようにと指導されました。

その抗生物質を飲んだ二日後には嘘のように治っていました。
私が頻尿になった原因は、その仕事でした。

接客業でいつ手が空くかはお客様次第だったので、トイレに行くのを我慢するのは日常でした。

それを続けていたことでした。
それ以来なるべくトイレに行けるタイミングでは必ず行くようにしています。

Gさん(33歳・女性)専業主婦

頻尿と気づいた年齢:15歳
おすすめの薬・サプリ:オススメな薬等はございません。

私は高校生の時から頻尿です。

高校生の時は1時間の授業で2回もトイレに行くことも度々ありました。

その際、ひんぱんにトイレにいくので、学校の先生に病院へいくようにすすめられてました。

高校生の時に初めて泌尿器科へ行き、泌尿の原因を突き止めてもらいました。

私の場合は生まれつき内臓が少し下がっていて、膀胱が圧迫されるようです。

特別異常はなく、治療することも出来ませんでした。

それから、十数年たちますが、たまに緊張するとトイレが近くなりますが、特別異常はなさそうです。

トイレの事ばかり考えると頻尿になりやすいと思います。

Mさん(30歳・女性)専業主婦

頻尿と気づいた年齢:20歳
おすすめの薬・サプリ:デトルシトール

20歳の時に急にトイレが近くなり、何回行っても水を我慢してもすぐにいきたくなるようになりました。
かなり量も出るので尿を貯めておけないという感じではなく、本当にトイレに行きたいので我慢しすぎで膀胱炎、腎盂炎にもなりました。
何か別の病気なのでは?と不安になり泌尿器科に行ったところ過活動性膀胱と診断され、薬を出してもらいました。
飲むと少しは収まるようになりましたが電車に乗るときもトイレの設置されている車両にするようにしています。
気にしなくなると少しは和らぐようです。

Nさん(36歳・女性)パート事務員

頻尿と気づいた年齢:34歳
おすすめの薬・サプリ:レディーガードコーワ

普段から勤務中にトイレに行くタイミングがなく膀胱炎になりやすかったのですが、ある日いつもと違う感じで30分おきには必ず尿意をもよおしていました。
明らかにおかしいので病院にて膀胱炎の検査をするも異常なしでした。
その日をさかいにトイレの間隔が近く、勤務場所のトイレの場所が遠いのもあってトイレにこもるようになりました。
病院での対応があまりよくなかった為、薬局にて市販薬を購入ししばらく服用して改善はされましたが、時々症状がでて困る事もあります。
現在はホルモンバランスの関係などもあり婦人科にかかっていますが、頻尿を気にしているときのほうが余計にトイレが近くなっていたかもしれません。

Bさん(34歳・女性)主婦

頻尿と気づいた年齢:28歳
おすすめの薬・サプリ:特にありません。

友達と食事に出掛けたり、主人の同僚が自宅に遊びに来たりする時でも、頻繁にトイレに行きたくなり、何度も席を外すのが恥ずかしいです。

それでもまだ自由にトイレに行ける状況だからましなのですが、子供の授業参観や大切な会議などの場合は、突然の尿意に襲われても、簡単に席を外すわけにはいかず我慢しなくてはならず、我慢することによって、話や内容が頭に入ってこず上の空になり、悪循環に陥ります。

いつトイレに行きたくなるか、いつも心配してしまいます。

頻尿の原因・対策・薬の体験談「30代の男性」

Tさん(35歳・男性)主夫

頻尿と気づいた年齢:30歳
おすすめの薬・サプリ:イソサミジン

私が頻尿を意識しだして困るようになったのは5年前からです。

それからは事前にトイレの場所を確認したり、パンツやオムツも試してみたこともあり、頻尿対策を色々してきました。

自分なりの対策が見つかると頻尿の問題が自分の中で少し楽になります。

今世の中に出ている頻尿の対策は思ったより多くあると思うので、今現在頻尿に悩んでネガティブになっている人がいたら悩んでないで頻尿対策を探してみることをオススメしたいです。

きっと自分に合った頻尿対策が見つかり、今よりも楽に日常生活がおくれるようになると思います。

Nさん(33歳・男性)SE

頻尿と気づいた年齢:20歳
おすすめの薬・サプリ:かぼちゃ

とにかく映画を観に行ったりするのが辛かったです。
2時間くらいの映画の場合、2回はトイレに行っていました。

あとは通勤時、会議や面接の時など気軽にトイレに行ける状況ではないときなどが苦痛です。

一時期は大人用のオムツってつけててもバレないのかな、と本気でオムツを着用するか悩んだ時期もありました。

今でも頻尿ですが、映画館は端の席に座る。大事な用事があるときは飲み物をあまり飲まない。

など、気を使うことでなんとかやっています。

あとトイレに行ける状況の時は恥ずかしがらずにちゃんと行く、と心掛けるのも大事ですね。

未だにオムツを買うとか病院にかかるとかは考えることはありますが、深刻というほどでもないのでちょっと行きづらかったりします。

Lさん(32歳・男性)会社員

頻尿と気づいた年齢:31歳
おすすめの薬・サプリ:ハルンケア

姿勢が悪くなってから、残尿感を覚える機会が増えてきました。

同時に会社で大きなプロジェクトを任され、切迫性障害を併用したのです。

その結果トイレへ30分に1回行くことになり、今も苦しんでいます。

実際に外出するときにトイレの場所を目で追うことになり、人付き合いの機会が減っています。
頻尿を本気で治したい私もいろいろなお薬を試していますが、まだ「これだ」というものには程遠いです。

しかしトイレの間隔が徐々に長くなっており、少しですが自信が湧いてきました。

Sさん(33歳・男性)会社員

頻尿と気づいた年齢:23歳
おすすめの薬・サプリ:八味地黄丸

社会人になり、1時間程度の会議でもトイレでソワソワすることが多く、頻尿なのではないかと気付きました。
予定が分かっている会議や移動の時には事前にトイレを済ませたり水分を控えたりしてなんとかなりますが、電車の遅延や予定の変更などがあると、トイレが心配でソワソワしていました。
薬局に相談して薦められた八味地黄丸を飲むと少し症状が落ち着くのですが、お金がかさむので少なめに服用しています。
水分を控えすぎると脱水症状の危険があると聞いたので、一度にがぶ飲みせず小まめに摂るようにしています。

その他の頻尿の原因・対策・薬の体験談

頻尿の原因・対策・薬の体験談「20代の女性と男性編」

頻尿の原因・対策・薬の体験談「30代の女性と男性編」

頻尿の原因・対策・薬の体験談「40代の女性と男性編」

頻尿の原因・対策・薬の体験談「50代の女性と男性編」

頻尿の原因・対策・薬の体験談「60代以上の女性と男性編」

コメントを残す