過活動膀胱の原因と症状「過活動膀胱の市販薬と薬以外での治し方」

今回は頻尿の原因の一つである【過活動膀胱】についてお話します。

過活動膀胱の症状

日本人の40歳以上の12.4%が症状を経験しているという過活動膀胱(かかつどうぼうこう)。

過活動膀胱とは膀胱の筋肉が活動しすぎる状態のことを指し、病気ではなく、症候群の一つになります。

通常の排尿は、膀胱に尿が溜まり、排尿筋(膀胱の筋肉)が収縮をすることにより行なわれます。

しかし、過活動膀胱の場合、膀胱に尿があまり溜まっていない状態でも、排尿筋が収縮しだしてトイレに行きたくなってしまいます。

具体的な過活動膀胱の症状

  • 尿意を感じてからトイレまで我慢ができない
  • トイレの回数が多い
  • 急に起こる強い尿意

症状が進行してくと、排尿を自らコントロールしにくくなり、常にトイレのことが気になった生活を送ることになってしまいます。

命に関わらないからといって放置してはいけません。

男女問わず、年齢を重ねるごとにこのような症状に悩まされる人は増えています。

過活動膀胱の原因

現段階で分かっている原因は大きく分けて3つになります。

神経が原因となっている場合

膀胱と脳の排尿を司る部分の自律神経の乱れ

排尿をする際、常に膀胱と脳は脊髄の神経を通じて連絡を取り合っています。

通常膀胱が尿でいっぱいになると、神経を通じ、脳へトイレへ行くようサインが送られ、準備が整うと脳から排尿のサインが送られます。

自律神経が乱れる(ストレス,更年期障害など)ことによりこの一連の流れがうまく働かず、トイレの手前で漏らしてしまったり、頻繁にトイレへ行きたくなったりと、排尿のトラブルになります。

脳からの命令がうまく出されなかったり届かなかったりすることが過活動膀胱の原因になるため、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血などの脳血管障害も排尿をコントロールする神経にトラブルを起こしやすい病気として挙げられます。

脊髄の神経は脳と膀胱をつなぐ大切な役割を果たしています。

膀胱の粘膜が炎症している

細菌感染(大腸菌やブドウ球菌など)が膀胱内の粘膜にあるたくさんの神経を炎症させ、膀胱が敏感になり過活動膀胱の原因になります。

原因不明の突然の過活動膀胱

女性に多く見られる症状で過活動膀胱の中でも最も多い確率でみられるのが「原因が特定できない突発性の過活動膀胱」です。

前立腺肥大症(ぜんりつせいひだいしょう)

尿の出はじめが遅れる、トイレに時間がかかる、尿のきれが悪いといった男性特有の症状です。

前立腺とは男性にしかない臓器で、膀胱の出口から尿道の周囲を包むように存在しています。

前立腺は年を重ねると全体的に大きくなり(男性ホルモンの影響)、このことが原因で膀胱の出口や尿道を圧迫してしまい尿が出にくい状態になります。

この状態が悪化すると膀胱に尿が溜まっているのにほとんど出すことができない「尿閉」になる可能性があるので過活動膀胱になる前に予防することが必要になります。

近年では生活習慣病も前立生肥大症の原因の一つとされています。

その他にも、女性の場合加齢や出産などで骨盤底筋が弱くなることにより、尿道がゆるくなることもあります。

前立腺肥大症については前立腺肥大症の治療・薬・手術「前立腺肥大症の症状・原因を知る」で詳しくお話しております。

過活度膀胱の薬以外での治し方

薬を服用するだけでなく、日常生活の中でできる対策をし、過活動膀胱に少しでもなりにくい膀胱を作っていきましょう。

こちらでは、過活度膀胱の薬以外での治し方を5つ紹介させていただきます。

トイレの間隔を伸ばす

膀胱に尿をためない状態が続くと、膀胱が小さくなり、尿がためられない状態になってしまいます。

尿意を感じたらまずは5分トイレに行くことを我慢してみる、出来るようになったらまた5分我慢してみる、っと少しずつ間隔を延ばして行ってみてください。

尿意から3時間、間隔があけられるようになれば自分の意思で排尿をすることができると言えます。

まずは自分のペースで少しずつ始めてみてください。

水分量を調整する

普段の生活の中で、水分を取りすぎていませんか?

最低1日に飲料水から必要な摂取量は1.5Lになります。

無理にこの数字に合わせる必要はありませんが意識するだけで過活動膀胱が緩和されるかもしれません。

ビールなどのアルコールや緑茶、コーヒーなどのカフェインは利尿作用がある飲料です。水分摂取には水や麦茶などをお勧めします。

ヨガ

膀胱を柔らかくすることにより、過活動望湖を軽減させることができるといわれています。

ヨガを行うことにより、膀胱を中心とした骨盤の血液の流れが良くなり、膀胱の動きを柔軟にさせるとともに、自律神経も整わせることができます。

骨盤底筋のトレーニング

太ももの内側や腹筋、背中、膀胱などを支える大切な筋肉を鍛えることにより頻尿などを抑える効果があります。

長時間のデスクワーク、加齢などや出産などが骨盤底筋が衰える原因になっています。

方法は、「肛門を締める、緩める」を繰り返すのみ。だいたい3秒から5秒かけ肛門を締め、息を吐きながらゆっくり緩めていきます。

これを1日3〜4セット行うこと効果的です。

また、ウエストが引き締まったり、腰痛、肩こりの解消にもつながります。

骨盤底筋のトレーニングについては骨盤底筋を締める「自宅で出来る頻尿の対策!膀胱・骨盤底筋の体操!」で詳しくお話しております。

体を冷やさない

膀胱の血行の良さが重要なポイントになっています。膀胱は寒さを感じると収縮し、膀胱と尿の割合が普段と変わってきてしまいます。

そのため、尿が溜まっていない状態でもすぐにトイレへいきたくなってしまいます。

体全体、特に下半身を冷やさないよう、注意しましょう。

過活動膀胱の原因・症状まとめ

過活動膀胱の原因は脳や脊髄などの神経性の障害によるものとその他、生活習慣病や、骨盤底筋が弱っている、前立性肥大症などがあります。

加齢により過活動膀胱になりやすい方は増えてきていますが、原因が特定できないものも多くありません。

過活動膀胱の症状

  • 尿意を感じてからトイレまで我慢ができない(切迫性尿失禁)
  • トイレの回数が多い(頻尿)
  • 急に起こる強い尿意(尿意切迫感)

上記の内容に心当たりがある方は過活動膀胱の可能性があります。

更に詳しく調べるために過活動膀胱症状のチェックシート(OABSS)で確認することができます。

また、頻尿の原因は過活動膀胱だけでなく以下の様に様々あります。

頻尿の様々な原因

コメントを残す